TensorFlow勉強会に新人が参加してきました! | グラビティ株式会社 | IoT要素技術で次世代を支える
IoTの要となる通信技術を駆使して次世代通信・モノづくりを支えます。業務用タブレットソリューションから日本企業のグローバル化を加速させる海外展開の基盤づくり・運用サービスまで技術者の成長機会が満載です。

TensorFlow勉強会に新人が参加してきました!

TensorFlow勉強会に新人が参加してきました!

こんにちは。採用担当座間です。

3月のブログでも紹介しましたTensorFlow勉強会が 先日第4回目の開催となりました。 その勉強会に新人が参加してきましたのでそのご報告です。

TensorFlowの詳しい詳細については、是非3月のブログ内容 ご確認ください!

●TensorFlow とは、、、 Googleがオープンソースとして公開した機械学習を簡単に実装できるライブラリです。 公開日は2015年11月9日。Google のことなので、もちろん無償公開、 改良や再配布も可能と大盤振る舞いです。 しかも、商業利用も可能なライセンスで公開されました。 そのため、世界中の研究者やアプリケーション技術者に衝撃を与えました。 TensorFlowを語る際には、人工知能やディープラーニング※1といった用語が一緒に用いられます。 人工知能や機械学習なんて、以前は、研究者レベルの専門知識がないと 扱えなかった領域でしたが、Googleが無料で使える便利ツールを公開したおかげで一気に注目を浴びています。

今回は第4弾とういことで、 主にTensorFlowを使用した様々なプロダクトの紹介をメインとした 勉強会となりました。

「TensorFlow唐揚サーバーロボット」 「TensorFlowで趣味の画像収集サーバーを作る6月号」 などなど。。

詳しい当日のライブ配信は以下となりますので 是非ご確認ください。

https://youtu.be/XhnCqg2Fwrg 今回参加した新人の感想を一部ご紹介します。

・勉強会の雰囲気はとても和やかな雰囲気でした。プロダクト紹介もとても分かり易く解説頂いたので TensorFlowでできること、可能性など理解でき機械学習について深く勉強していなくても理解できました。 何よりTensorFlowを使用したアイデアがとてもユニークで面白かったです。

・新たに学んだ知識としては、逆強化学習でした。 今まで自分が知っていた機械学習は結果を渡して方法を出すことでしたが、 逆強化学習は、方法から結果を出す手法もあることを知り大変勉強になりました。

・身近なもので機械学習の可能性を知ることができたことで、自分もこの機械学習を使って 生活を便利にできるようなロボットを作ることができるのではないかと思いました。

通常の技術研修とは違い、勉強会は様々な業界、出身の方が集まる機会でもあり さらに最先端の機械学習をテーマとした内容で、自分自身の視野がまた少し広がった 刺激的な時間だったのではないかと思います。