Rablock--ビジネスブロックチェーン 短期構築を全力でサポート | グラビティ株式会社 | IoT要素技術で次世代を支える
IoTの要となる通信技術を駆使して次世代通信・モノづくりを支えます。業務用タブレットソリューションから日本企業のグローバル化を加速させる海外展開の基盤づくり・運用サービスまで技術者の成長機会が満載です。

Rablock–ビジネスブロックチェーン 短期構築を全力でサポート

Rablock–ビジネスブロックチェーン 短期構築を全力でサポート

グラビティ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:池田欣邦)はブロックチェーンシステムの開発・提供 を行う ラブロック株式会社(本社:東京都港区、代表者:長瀬嘉秀)と資本・業務提携しました。

ラブロックが提供するビジネスブロックチェーンプラットフォーム「Rablock」は、2018年10月のサービス発表以来、 短期間で8つのプロジェクトで採用されました。業種も医療、ポイントシステム、電力エコ、勤怠管理、サプライチェーン、 スマートロックなど多岐にわたります。当社は今後、ますますの機能拡張のための開発をラブロックと共同して取り組んでいきます。

■ラブロック株式会社について 2018 年 6 月に設立したブロックチェーンシステムの開発企業で、 ビジネスブロックチェーン構築基盤「RABLOCK BLOCKCHAIN PLATFORM」などを提供しています。 https://www.rablock.net/

■「Rablock」とは 「Rablock」は、ビジネスブロックチェーンプラットフォームで、特徴としては、実証実験システムの開発を2週間で行える スピードを失わず、更に高速に開発が可能なプラットフォームです。また、月額10万円からという低価格コスト、 Raspberry Piなどの5000円程度のハードウェアでもノード(サーバー)が稼働可能な低リソースなどの他のブロックチェーン基盤にはない特徴もあります。  内閣府と経産省の科学技術政策である「Society 5.0」の「新産業構造ビジョン」に戦略4分野(自動走行・生産流通・健康医療介護・街づくり)が 示されておりますが、データ高度化を担うブロックチェーンには戦略4分野を横断的に支える役目が期待されており、 政府調達への適用などが例示されています。また、海外における「レギュラトリーサンドボックス(革新的な新事業を育成するためのしくみ)」での 事例が紹介されるなど、政府としても不確実な時代にあったフレキシブルな社会ルール作りの基盤としてのブロックチェーンに着目しています。 さらに、「Rablock」は、日経 BP 社が 2018 年 10 月 18 日に開催した「日経 xTECHEXPO 2018」で発表された 「日経 xTECH EXPO AWARD 2018」において、準グランプリおよびブロックチェーン賞を受賞しました。 システム構築に手間やコストがかかることが多いブロックチェーン環境を、安価かつスピーディー に構築できる点が評価されました。