グラビティみんなの座右の銘 シリーズvol.1 | グラビティ株式会社 | IoT要素技術で次世代を支える
IoTの要となる通信技術を駆使して次世代通信・モノづくりを支えます。業務用タブレットソリューションから日本企業のグローバル化を加速させる海外展開の基盤づくり・運用サービスまで技術者の成長機会が満載です。

グラビティみんなの座右の銘 シリーズvol.1

グラビティみんなの座右の銘 シリーズvol.1

こんにちは。採用担当座間です。

本日は、「グラビティみんなの座右の銘シリーズ」をご紹介!

グラビティメンバが、日々業務をしている中で、 上司に言われてはっとさせられた言葉、 励まされたり、背中を押してくれた言葉、 仕事で大切にしている言葉などをご紹介します。

少しでも、どのような想いや考えで日々仕事をしているか 伝わればいいなと思っています。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ベテラン40代のエンジニアの座右の銘。 普段は2人の子供を持つお父さん、育児が趣味のエンジニア。

「一人で努力して評価されるのは学生まで。人の手を借りてでも結果を出すのが社会人。」 「プライド守るより納期を守れ!」

若い頃、自分一人に任された仕事に対し、自分のプライドが邪魔をし、 人の手を借りてはいけない、評価が下がってしまうのでは。と 考えてしまっていたことがあり、その時にこの言葉を掛けられたようです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

仕事を任されるとつい1人だけで何とかやろうとしてしまう気持ち。 とても良く分かります。 そして、1人でやったほうが早いし、楽。という感情が出るのも良く分かります。

実は、1人でできる仕事は小さな成果としてか残らず、限界があるんですよね。 やがて、「やりたいことができない」という壁にぶつかるんです。

だから、最終的に自分のやりたいことを実現するために、日々の業務から様々な人を巻き込んだり、 人に助けを求めたり、協力を求めることを習慣にすることが大切なんじゃないかなと 思います。

※今後も「先輩エンジニア 座右の銘」シリーズは定期的に配信していきます!